TrashSlot

ゴミ...箱...??

そうですね。

インベントリにゴミ箱ができると??

そうですね。

でもゴミ箱なんてマグマの中にアイテム捨てればいいじゃないですか~

いやいやそれが面倒だからインベントリ内に作るんですよ!!

あっ...「そうですね。」って言わないんですね。

どんなmodなの??

このmodを導入するとサバイバルでのインベントリにトラッシュスロット(ゴミ箱)のアイコンが付いたスロットが1つ追加されるようになります。
そこにアイテムをセットしてDeleteキーを押すとアイテムを削除してくれます。

~modの導入方法~
1.MinecraftForgeをDLしインストールする
※Forgeの導入方法はこちらの記事をご覧ください
2.TrashSlotをDLする
3.作成された「mods」フォルダにTrashSlotを入れる

アイテムを捨てる!!

まず、TrashSlotはクリエイティブモードでは使えません。
サバイバルモードにしてからEキーを押してインベントリを開いてみましょう。
インベントリの右下にゴミ箱のマークがありますね。
TrashSlot使い方
ほぼほぼクリエイティブモードの「×」マークの四角と同じような役割です。
ただ1つ違うのがアイテムをセットした後Deleteキーを押さなければならないという点です。

TrashSlot切り離して使う
そしてこのTrashSlotにカーソルを合わせて右クリックを押したままドラッグすると好きな位置に移動させる事もできます。

そして捨てたいアイテムにカーソルを合わせてShiftDeleteキーを押すと、インベントリ内にある選択したアイテムと同じアイテムを一気に捨ててくれたりもします。
うっかり捨ててしまうという心配もありますが、マイクラを微妙に使いやすくしてくれるちょっとしたmodの紹介でした!!