bandicam 2015-11-29 18-22-58-043

レッドストーンが分け分かんないよおおおお

(´・ω・`)

レンコンさんとりあえずあまとうさんみたいに落ち着きましょうww

(´・ω・`)そうやで落ち着きましょ

とりあえず基本からまとめていきましょう(´・ω・`)

はい(´・ω・`)

レッドストーン講座1

Minecraftにある鉱石の1つ「レッドストーン」。
洞窟や地下にあるレッドストーン鉱石を鉄ピッケルで破壊すると粉末状のレッドストーンが手に入ります。
この粉末状のレッドストーンの事を「レッドストーンダスト」や粉末状なので「レッドストーンパウダー」と呼んだりもします。

このレッドストーンやレッドストーン関連のブロックを使うことで電子回路に似た回路を作る事ができます。

レッドストーン

このレッドストーン鉱石を破壊して手に入るこのレッドストーン(以下レッドストーンパウダー)は右クリックで地面に設置する事ができます。
2つ以上並べて設置すると繋がって線のようになります。
35
このレッドストーンパウダーが導線と同じような役割を果たしてくれます。
導線なのでこのレッドストーンパウダーだけでは回路を作ることはできません。

レッドストーンに関するブロック

お次はレッドストーン回路を作る上で必要になってくるブロックの紹介です。
レッドストーン関係のブロックには大きく分けて3つの種類があります。
1つ目は、レッドストーン回路は基本的に電子回路と同じなので「オン」と「オフ」の2種類の状態があります。そのレッドストーンのオンとオフを切り替える「入力系」。
2つ目が出された信号によって変化する「出力系」。
3つ目はそれ以外の入力系と出力系の間に入る役割を持つブロックです。

■入力系■

「オン」や「オフ」の信号を送るブロックです。これらのブロックに出力系のブロックを隣り合う形で設置するか、レッドストーンパウダー等を置いてその先に出力系のブロックを繋げる形で設置して使用します。
レッドストーン入力系
「レッドストーントーチ」
基本的に常にオンの信号を出力しますが、設置の仕方や使い方が色々あるので、その事に関してはまた他の記事でまとめます。
「レバー」
右クリックする度にオンとオフを切り替える事画でき、ブロックの側面や上側だけでなくブロックの底面にも設置できます。
「ボタン」
木のボタンと石のボタンの2種類があり、石のボタンは右クリックで押してから1秒間オンの信号を発して木のボタンは押してから1.5秒間オンの信号を発します。
「感圧板」
ボタンと同様で木と石の2種類があります。プレイヤーかMobが上に乗るとオンの信号を発します。
木の感圧板の場合はアイテムを上に落としたり、釣り竿や矢が乗ってもオンの信号を発します。
「レッドストーンブロック」
オンの信号をとにかく発し続けるブロックです。
「重力感圧板」
重力感圧板は普通の感圧板と違ってドロップしたアイテムにのみ反応して、その乗っているアイテムの数によってレッドストーンの信号が強くなり、より遠くへ信号が届くようになります。
乗るアイテムが4個で1つ信号が遠くなる金の感圧板と乗るアイテムがほぼ1スタックで1つ信号が遠くなる鉄の感圧板の2種類があります。
「日照センサー」
日光に反応してオンの信号を発します。
トリップワイヤーフック
「トリップワイヤーフック」
トリップワイヤーフックを壁に設置して、その間に蜘蛛の糸を設置する事でセット完了です。
後はプレイヤーやMob等がこの糸の上に乗る事でオンの信号を発します。

■出力系■

お次は出力系のブロックです。
「オン」の信号を受けると何かしらのアクションを起こします。
出力系のブロック
「ディスペンサー」
右クリックを押すと9マスのインベントリを見る事ができ、アイテムを中に入れる事ができます。
アイテムを入れた状態で「オン」の信号がくると中に入っているアイテムを外に出します。
・矢を中に入れていると前に発射します。
・卵、雪玉、スプラッシュポーションは前に発射します。
・花火を入れていると打ち上げます。
・ファイヤーチャージは火の玉のように発射します。
・スポーンエッグは目の前にMobを出現させます。
・TNTを入れていると着火された状態で目の前に出します。 
・水の前ならボートを乗れる状態で設置できます。
・トロッコの前ならトロッコを乗れる状態で設置できます。 
・水入りバケツや溶岩入りバケツを入れていると中身だけを外にだします。
・火打石と打ち金は目の前に火をつける。
・骨粉は目の前の植物などを成長させます。
・防具は目の前の防具が装備可能なMobに装備します。
「音符ブロック」
音符ブロックはオンの動力がきたら音を鳴らします。
「ピストン」
オンの出力の時はほとんどのブロックを向いている方向に押し出します。
そしてオフになると元に戻ります。
粘着ピストンの場合は押し出したブロックを戻す時に一緒にブロックも戻します。
「TNT」
レッドストーン動力が来ると火がついた状態と同じになり数秒後に爆発します。トラップなどに使えますね。
「トラップドア」
トラップドアはオンの時に開き、オフになると閉じます。
「フェンスゲート」
フェンスゲートはオンの時に開き、オフになると閉じます。
「レッドストーンランプ」
レッドストーンランプはオンの動力がくると光ります。
「ホッパー」
ホッパーはオンの時にアイテムの搬入出を停止します。
「ドロッパー」
ディスペンサーとほぼ同じで中に入れたアイテムを外に出します。
ただ、ディスペンサーと違って矢等を入れてもドロップ化したアイテムとして外に出します。
「ドア」
木のドアと鉄のドアの2種類がありオンの時に扉が開き、オフの時に扉が閉まります。

■その他■

最後に入力系と出力系の間に設置するブロックの紹介です。
その他のレッドストーン関連ブロック
「レッドストーンリピーター」
レッドストーンは本来15マスまでしか動力を伝えられませんが、リピーターを使うことで更に15マス延長させる事ができますし、遅延させる事もできます。
「レッドストーンコンパレーター」
後ろと側面2つの方向からの入力の強さの違いによって出力しなかったりしたりします。


今回はレッドストーンについてとレッドストーン関連のアイテムの解説を行いました。
今後も少しづつですがレッドストーン関連の記事を書いていこうと思います。