Backpacks

おっ、バックパックって小人達のマインクラフトでも入れてるmodだよね

まだそんなに活用してませんけど入ってますよねー

でもいっぱいmod入れてアイテム増えてるからこれから必要になってくると思うよー?

でもRAMS4人で協力して持ち物分担したら充分持てると思いますよ(*´∀`)

うちらがそんな協力して持ち物分担なんてできると思うの??

...

どんなmodなの??

このmodを導入すると、右クリックで開いてアイテムを保有しておけるBackpackを追加します。
持ち運び型のチェストと考えると分かりやすいですかね。
インベントリだけではすぐに持ち物がいっぱいになってしまう時に使いましょう。

~modの導入方法~
1.MinecraftForgeをDLしインストールする
※Forgeの導入方法はこちらの記事をご覧ください
2.BackpacksをDLする
3.作成された「mods」フォルダにBackpacksを入れる

Backpackを使ってみる

Backpackは染料を革で囲むと作ることができ、容量の大きいBig Backpackは「Bound Leather」をかまどで精錬する事で作成できる「Tanned Leather」を染料の周りに置く事で作成できます。
染料を置かないと普通の革の色になり、染料の代わりにエンダーチェストを置くとエンダーバックパックになりますし、作業台にすると作業台バックパックになります。
Backpacksレシピ1
Backpacksレシピ2

バックパックを持った状態で右クリックすると開く事ができます。
Backpack開いた時
普通のBackpackはチェストと同じ容量で27スタック分、
Big Backpackはラージチェストと同じで54スタック分確保できます。

Backpack名前を付ける
Shift+右クリックを押すと名前を付ける事もできます。
「Stone Block」だったり「Tool」等の名前を名前を付けておくとパッと見で中に何が入っているのか区別する事ができますよね。

BigWorkbenchBackpack
作業台バックパックは開くとクラフト画面らしきものとアイテムを収納しておくスペースが普通のサイズなら1列、ビックサイズなら2列あります。

この作業台バックパックはバックパック内に入っているアイテムを使用してクラフトを行うらしいです。
※コメントの方で教えて頂きました。

アイテムをセットして、バックパック内に必要なアイテムを置いておく。
そして矢印の上にある「C」のボタンを押すとセットしたアイテムをリセットする事ができる。
そんなアイテムみたいです。

そして最後にエンダーチェストを中心に置いて革で囲む事で作成可能なエンダーバックパックですが、エンダーチェストや他のエンダーバックパックと入っているアイテムを共有する事ができます。
エンダーチェストを持ち運んでいる感覚ですね。エンダーチェスト内とも共有しているので、ビッグサイズは存在しません。